Browsed by
月別: 2018年3月

スポーツジムの特徴

スポーツジムの特徴

スポーツジムやフィットネスクラブなど、街中には運動できるさまざまな施設があります。呼び方は違いますが、屋内で運動できる施設ということに変わりありません。フィットネスクラブとスポーツジムにはどのような違いや特徴があるのでしょう。

プールフィットネスクラブは総務省の日本標準産業分類に「室内プール、トレーニングジム、スタジオなどの運動施設を有し、会員に提供する事業所」と定義されています

スポーツジムはフィットネスクラブのように必ず室内プールを有する必要はありません。筋肉を鍛えるためのマシンなどが屋内に置いてある運動施設です。スポーツジムは専門のトレーナーがマシンの使い方やメニューのアドバイスなど、トレーニングを支援します。

スポーツジムでは専門的な器具やマシンを使用して、目的に合わせた運動が効率よくできます。マシンやダンベルによる筋トレは、引き締まった体だけでなく、新陳代謝や血流が良くなり健康的に太りにくい体質を手に入れることが可能です。ランニングマシンなどで行う有酸素運動は、ダイエットや体力づくり、気分転換にも効果的です。

室内プールやさまざまな設備を有するスポーツジムもたくさんあり、フィットネスクラブと同じ意味で使われることも多いです。同じ系列のスポーツジムでも、マシンや設備、実施しているプログラムによってできることが変わるので目的を明確にしましょう。

ボクシングを取入れる

有酸素運動と筋力トレーニングを兼ね備えたトレーニングとして、女性にも人気のあるボクシング。興味はあるけど殴り合うのは抵抗がある、という人にはサンドバッグボクシングという選択肢があります。スポーツジムで行われるサンドバッグボクシングとは、どのようなトレーニングでしょう。

筋肉サンドバッグボクシングはサンドバッグを叩く全身運動です。下半身の筋肉や体幹がしっかりしていないと腕を素早く動かしてパンチを繰り出すことはできません。そのため、下半身全体から背中、腕全体まで、一度に全身の筋トレ効果があります。筋力がつくと新陳代謝が上がり血流も良くなるので、肥満防止や安眠など健康にも役立ちます。

有酸素運動として多くのカロリーを消費します。余分な脂肪の燃焼はダイエットにも効果的で、同時に全身の筋トレも行っているので全身の引き締め効果も期待できます。

サンドバッグボクシングでは相手から殴られることはありませんが、頑丈で広い設備と、専門知識を持つトレーナーが必要です。間違ったフォームで叩くとトレーニングの効果が得られないだけでなく、体を痛める可能性があります。トレーナーの指導で正しい基礎を身につけることが必要です。

思いきりサンドバッグを叩くことでストレス解消の効果もあります。見学や無料体験を行っているスポーツジムもあるので、利用して雰囲気などを確認すると安心でしょう。

▽参照リンク▽メガロス

スポーツジムとは

スポーツジムとは

専門の施設で運動をしようと思うと、さまざまな運動施設やトレーニング方法があります。入会しても、自分がやりたいトレーニングのプログラムや使いたいマシンがなければ、期待した効果が得られない場合もあります。それぞれの施設でどのような特徴や違いがあるのでしょう。

ダンベルスポーツジムとフィットネスクラブは定義が違います。フィットネスクラブは総務省と経済産業省によると室内プールやほかの運動施設を有する屋内運動施設と定義されていて、室内プールの他に室内運動施設を持たない事業所は含まれません。スポーツジムは筋力トレーニングをするための器具が置いてある屋内運動施設です。プールはなくても構いませんが設置されている所も多くあり、フィットネスクラブと同じ意味で用いられることが多いです。

スポーツジムでは筋トレのためのマシンやダンベル、有酸素運動のためのランニングマシンなど、目的に応じた専門的な器具やマシンを利用できて、トレーナーがサポートしてくれます

スポーツジムで行われているサンドバッグボクシングは、有酸素運動による脂肪燃焼と全身の筋肉の筋トレを行えます。全身の筋トレを一度に行えるトレーニングは珍しいです。ダイエットやストレス発散、全身の引き締めや新陳代謝の上昇などのさまざまな効果があります。サンドバッグボクシングは専門のトレーナーから正しいフォームを身につけることが重要です。誤った叩き方は怪我に繋がるので注意しましょう。

ジムによってマシンやプログラムの内容が違うので、目的を明確にすることが大切です。このサイトではスポーツジムの特徴と、サンドバッグボクシングについて説明します。